蛍光灯内・「ハイブリッド安定器Ⓡ」の販売


 
蛍光灯内・「ハイブリッド安定器」の販売

 

ハイブリッド安定器で長寿命・大幅節電を

 

ハイブリッド安定器

 

1540_32  オフィスや商業施設で利用されている直管形蛍光灯。

1540_32  低コストで広範囲を照らすには最適な照明で、

      開発されて70年経つ今も数多く使われています。

1540_32  電極劣化の蛍光灯ランプハイブリッド安定器は

    「今の設備のまま節電したい」

    「今の蛍光灯をLED同様に長持
    ちさせたい」

    「コストを安く済ませたい!」

と思われている皆様に最適なソリューションです。

■ ハイブリッド安定器とは?

節電型である電子安定器(以後 インバーター式と呼称)に特殊プログラム回
路を融合させたことで、蛍光灯の電極負担を大幅に削減した安定器です。

 

蛍光灯を長寿命化!

その効果により、蛍光灯の寿命を大幅に延ばすことが可能となりました。

蛍光灯は点灯時の瞬間的な高電圧の負荷によって、電極が劣化し電極部分に
塗ってあるエミッターと言われる電子放射物質が炭化して蛍光灯の中に飛散
し付着します。

ハイブリッド安定器内に組み込まれた特殊なプログラミングIC回路による
電圧と電流のコントロール技術によって、この現象を起らなくさせます。

蛍光灯の長寿命化

安定器とは?

ランプを点灯させるために必要な「電圧」と、蛍光灯に適した「電流」をコ
ントロールする器具の名称です。

直感型蛍光灯では図のように、普通は反射板の内側に装着されているので目
に触れることが少ない器具で

すが、安定器がないと蛍光灯は安定して点灯することができません。

安定器

 

■ 従来品と比較しての革新性

 

長寿命

蛍光灯は1回の点灯(ON/OFF)で約1時間の寿命が縮まると言われています。

それは点灯時に掛かる高電圧で電極が傷むからです。ハイブリッド安定器は
この負担が極めて低いためLEDと同等以上に蛍光灯を長持ちさせます。

 

電気代最大50%OFF消費電力大幅削減

電圧と電流を制御する特殊技術に
よって市販の蛍光灯の消費電力を
LED照明と同等に設定する事が
できるので従来型の銅鉄式安定器と比較し約50%、インバーター式と比較
し約30%の消費電力削減ができます。

 

低発熱

従来型の安定器と比較し、ハイブリッド安定器は発熱が低いため夏場のクー
ラー設定温度への効果が期待できます。

店舗などでは数百灯分の蛍光灯発熱がクーラーの温度設定に影響すると言わ
れています。

 

CO2削減CO2削減

CO2算出係数は消費電力に比例します。

仮に1日12時間点灯している100台の
110w形2灯用の銅鉄式をハイブリッド
安定器に交換すると、年間約18,133㎏(約18t)のCO2が削減できま
す。

 

重量2重量

基本的にはインバーター式なので、
インバーター式とは同じ重量です
が、今なお数多く使用されている銅
鉄式安定器と比較した場合の重量は
1/5程度となり、耐震性にも配慮しています。

 

蛍光灯の水銀について

蛍光灯は発売されてから約70年の歴史を持つ光源です。

しかし微量な水銀が含まれているので、一部で水俣病の原因である有機水銀
と混同されていますが、蛍光灯に使用されているのは無機水銀の一種の金属
水銀です。無機水銀合金であるアマルガムなどは歯の詰物として利用されて
きた事からも、蛍光灯は比較的安全で効率の良い光源と言えます。

日本電球工業会会員の製造・販売するランプに関しては、すでに自主的な水
銀量削減に継続的に取り組んでいることもあり、ほぼすべてのものが規制値
以下になっています。

参照:一般社団法人日本電球工業会(2013.1.25)「水銀に関する条約の規制について」
http://www.jlma.or.jp/information/20130125UNEP_Suigin.pdf

 

 

■ LEDと比較しての優位性

 

導入コスト導入コスト

大手メーカーや知名度の高いメー
カーのLED照明と比較して
1/2~1/5程度です。消費電
力、寿命も同等以上ですので導入
コストだけでなく、もしランプ交換の必要がある場合も負担が少なくすみま
す。

 

汎用性汎用性

ハイブリッド安定器に必要な蛍光
灯は一般市販されているもので
す。

LED照明の様に専用ランプは必要ないので市販の蛍光灯をそのままご利用
になれます。

 

ブルーライト問題ブルーライト問題

LEDより発せられる短波長ブルーライ
トは人間の網膜まで到達する事から、ブ
ルーライトをカットするメガネが発売さ
れるなど、将来的に網膜障害が起こりう
る危険性を一部の医学研究者は警告しています。

 

演色性Ra演色性Ra

LED照明は青色LEDに黄色蛍
光体を重ねて白色を作るので青み
がかって見えるものが多く、蛍光
灯はグリーン購入法規格の3波長
(Ra80以上)の自然な色合いで演色度が高いものを安価で購入できます。

 

重量重 量

LED照明は明るさに比例して放
熱量が飛躍的に増えるため、大型
照明にすると放熱対策に必要な金
属が増えて重くなります。LED
照明で落下防止用の留め金をよく見かけるのはそのためです。

 

リサイクルと廃棄物の抑制リサイクルと廃棄物の抑制

あまり知られていませんが、蛍
光灯は概ね全てのリサイクルが
可能です。無機水銀はもちろ
ん、ガラス、蛍光体、口金部の
アルミなどリサイクル技術が確立されております。

LED照明はまだ埋め立て処分となります。

 

 

● 2015年11月26日(木)朝日新聞・・記事について

 

「蛍光灯実質製造禁止」・・「20年めどLEDに」・・「白熱灯も」、

 

記事内容・・・政府は、エネルギーを多く消費する白熱灯と蛍光灯につい
て、国内での製造と国外からの輸入を、2020年度をめどに実質的に禁止する
方針を固めた。省エネ性能が高い発光ダイオード(LED)への置き換えを促す
狙いだ。・・・(続きは下記画像)

これに対し・・・2015年12月3日一般社団法人日本照明工業会、会長が
「11月26日付朝日新聞朝刊記事に関するお客様へのご説明」・・・(下記画像)
で朝日新聞、朝刊の上記記事に対し「2020年に白熱灯(白熱電球)、蛍光灯(蛍光ランプ)の
製造を中止という事実はまったくございません。~~。政府関係省庁に確認しましたが政府-製造事業者間の議論

も始まっておらず、具体的な内容は一切決まっておりません。~~。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。」と締めています。

蛍光灯実質製造禁止へ(朝日新聞)


♦ 実装店舗での実例・比較

平成23年11月9日~12月8日→平成24年11月9日~12月8日

(前年同月/スーパーマーケット)

 

 電力契約・設備状況

契約種別:高圧負荷率別契約S(関西電力)

*デマンド契約約500kw以下

点灯時間:17時間

電気料金:15.47円/kwh*常時基本料金含む平均

使用灯具:銅鉄式安定器

数量  : 110W形2灯用   102台

110W形1灯用    64台

40W形2灯用    97台

40W形1灯用    25台

 

 事前シュミレーションの削減電力予測数値(1ヶ月間)

*交換照明器具のみの予測です。

 施工前(銅鉄式) 台数  施工前(銅鉄式)   ハイブリッド安定器
交換予測
 削減予測
110W形2灯用  102台  12,069kwh  6,242kwh  -5、826kwh 
110W形1灯用  64台  3,786kwh  1,958kwh  -1,828kwh 
 40W形2灯用  97台  4,749kwh  2,622kwh  -2,127kwh 
 40W形1灯用  25台  612kwh  306kwh  -306kwh 
  合  計 21,216kwh  11,129kwh  -10,087kwh 

 

ハイブリッド安定器の削減電力内訳表 ハイブリッド安定器に交換後の削減電力(1ヶ月間)

デマンド値

 192kw ► 155kw = -37kw

使用電力

 85,692kwh ► 73,908kwh = -11,784kw

削減電気料金(年間予測)

230万円以上

 *スーパーマーケットでの使用電力は冷蔵・冷凍庫などを含めた他の電力が3/4程度を締めます。CO2削減量4,878kg/月
【CO2算出係数0.414(関西電力)】

 

無料でシュミレーションしませんか! 無料でシュミレーション実施します!

 

重量2

 

 

 

 

 

 無料シュミレーションシート入力シート

 

お名前 (必須):

メールアドレス (必須):

会社名 :

〇 入力項目

1、1kw の電気代(必須):
  

2、蛍光灯数(必須):
  

3、1日の点灯時間(必須):
  

4、1か月の稼働日(必須):

質問内容
  

 

 店舗写真

店舗写真実例では安定器交換の際に、蛍光ランプも新品に交換した事と反射板清掃によって照度も10%上昇。この照度を長期間維持します。

*使用状況・環境により、同等の照度結果が得られるとは限りません。

 

 法令順守

PSEマーク取得済

電気用品安全法により平成13年4月から電気製品の製造、輸入業者に義務付けた表示です。

この法律は、火災や感電などから消費者を守るために施工された法律で、日本国内で使用される全ての民生用電気製品が対象となる安全規格です。

この法律によりメーカーや輸入業者は、消費者が区別できるよう適合製品にPSEマークをつけて販売することを義務付けられています

PSEマークは、Product+Safety+Electricalappliance & materialsの頭文字で、電気製品が安全性を満たしていることを示し2種類あります。

① 特定電気用品菱形PSE  (高危険度が予測され、厳重に審査される電気製品)

高い安全性が要求される品目のマークは菱形となり工場監査が要求されます。安定器にはこのマークが必要とされ、ハイブリッド安定器はこの菱形PSEマークを取得しています

② 特定電気用品以外の電気用品 丸型PSE (それ以外の電気製品)

それ以外の電気用品目はPSEマークが丸形となり、ランプにはこのマークが必要です

 

♦ 製造元

節電工房

 販売代理店

ケイトモインコーポレイテッド

191-0053

東京都日野市豊田2‐22‐9

http://keitomo.co.jp

 

 

蛍光灯内・「ハイブリッド安定器Ⓡ」の販売」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA